日本でいちばん初心者さんに優しいタンゴ教室
 
TOP | Lesson

Groupe Lesson & Price

グループレッスン・料金

グループレッスンのご案内です

Regular Group Lessons Schedule

 
2019/9月

 お知らせ
 
■9/16-23 祝日ワークショップ
 テーマ「サカーダ」
 
 
 
 

★(火)(水) は18:30 ドアオープンで、レッスン前にスタジオ内で
 飲食OKです。(匂いの強くないものにして下さいね^^)
 あるいは自由に練習してください。
 
★その他のクラスは20分前からドアオープンですが、
 レンタル貸し出しや個人レッスンをしている場合は、

 入室をご遠慮いただく場合もございます。
 
★入室時  前のクラスがレッスン中の場合はお静かに願います。
 
 
★動きやすい服装を意識して下さい。
 ジーンズ・タイトスカート・ミニスカート・
 マキシスカートなどは不向きです。
 
 
 

 
 



グループレッスンではお飲物を自由に持ち込み頂いて構いません。

教室でもミネラルウォーターと炭酸入りミネラルウォーターを
100円で販売しています。

疲れたら自由に休憩をとりながらご参加ください。




 
 
 

「入門はじめてコース」の料金は 入門のページでご覧頂けます。
 
 料金・レッスンカード  

 入会金

¥2,000- 

 グループレッスン
 1回毎

¥1,500〜  クラスによる(お仕事の都合などで続けて

通えるかわからない方は、その都度のお支払いでOKです)

 Aカード

¥9,800- (有効期限1ヶ月)

¥9,800-で¥10,500-分使えます。¥700-お得です!

 Bカード

¥19,500- (有効期限2ヶ月)

¥19,500-で¥21,000-分使えます。¥1,500-お得です!

 Cカード

¥28,900- (有効期限3ヶ月)

¥28,900-で¥31,500-分使えます。¥2,600-お得です!


 
 一度された「入会」は 無期限有効です!
     
 スタンプがたまると「クラブメンバー」になります。これは毎年4月に
  更新があり 日頃クンパルへ来ていただく皆さまへの感謝の気持ちとして
  1年分の割引券を発行しているものです。

  更新をしなかったとしても 割引券がもらえない というだけで
  「入会」されてる事実は有効ということになります。
 
 
 

 
ビジター・ドロップイン とは
入会をせず ラ・クンパルシータのレッスンをお試し受講することをいいます。

 ビジター料金   オープンクラスは以下のクラスのみになります。

 体験レッスン

¥3,000-
入門コース初回のみ・要予約
入門コースのページからエントリーして下さい

 レベル1 オープンクラスドロップイン

¥2,500-
タンゴ経験者のみ
未経験者は「入門コース」からエントリーして下さい

 レベル5 オープンクラスドロップイン

¥3,000-

 レディーステクニカ
                  オープンクラスドロップイン

¥2,000- 

 お友達紹介

クンパル生からの紹介で 入会金半額! 

紹介してくれたクンパル生には粗品進呈

教室に置いてある「お友達紹介カード」への記入をして下さい。


 
☆ 入門コースの「体験」は予約が必要です。 入門のページ
 
☆ レベル1-5 レディーステクニカのドロップインは ご予約不要です。
 
☆ オープンクラスに来たその日に入会することも可能で、その日通常価格が適用されます。
 

 

 

習い始めて最初のうちは ステップの名前もよくわからないし・・・
アタマの中で動きがつながらないし・・・
毎回習ったことを覚えきれないし・・・といったことに悩まれるかもしれません。

誰でも、それを覚えてゆくまでのプロセスがあり、クラスに参加する方々は皆それぞれ違ったプロセスの中にいて当然です。
どうか焦らず のんびりした気持ちでやってみてください。
最初のうちは とにかく「ステップを踏んでみる」というだけで十分です。
忘れてしまっても全然O・Kです。
何度かクラスに参加するうちに「同じ内容」や「同じ説明」を聞くようになると思います。
そうして繰り返すうちに、必ず身体は動くようになってゆきますからね。
のちに何度も聞いたことのある説明もアタマの中で繋がってゆきますから、
そのときを楽しみにしておきましょう。


習い始めた最初の1年でどれだけ基礎をつくるか これがとても大事なことです。

急いで先へ進もうとせず、しっかりした土台作りをしてください。

そして、長く続けてゆく というのは どんどん発展した難しいことばかりをやることではありません。
発展を1つ習うごとに、土台を太らせることを 同時にやり続ける必要があります。
どこまでいっても ずーっと基礎づくりが大事です。